賃貸アパート契約をすると敷金を最初に支払うケースは多いです。

この賃貸契約に関する敷金は預けているだけでのもので退去する時には返してもらえるという認識でいる人が多く、賃貸物件を退去する時にその全額が戻らないとなると当然トラブルに発展することがあります。この敷金については、善管注意義務と原状回復義務が関わっています。善管注意義務というのは、善良な管理者として当然払うべき注意をする義務が賃借人にはあるというもので、借り物の部屋に住んでるのだから注意して使用しなければならない、というものです。

ただ、まったく傷をつけてはいけないということまでは含んでいません。また、原状回復義務というのは、元の状態に戻して退去する必要があるというものです。具体的には、エアコンを自分で設置したのであれば取り外すというようなことを指します。退去時に敷金が戻らないと言われる場合に、壁紙を張り替える必要があるのでそのコストを敷金から差し引くというような理由を示されることがあります。

これは原状回復義務を拡大解釈している可能性がありますので、専門家に相談をした方がいいかもしれません。原状回復義務は善管注意義務の範囲内で使用し、設置した物を取り外せばコストは発生しない可能性が高いのです。使用している期間の経年変化で壁が汚れたりする部分は原状回復義務には含まれませんので、そういったことを踏まえて専門家の助言も参考にしながら敷金の返還について再度確認をする必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *