賃貸を借りる場合には、いくつかのポイントがあります。

一つ目は、南向き物件の場合には日当たりが良いので家賃が高く設定されているという物件が多いですが実は東向きの物件も良いです。東向きの物件は午前中に日当たりが良いので朝日を浴びながら起きる事が可能なのです。朝日を浴びて起きるというのは体内時計を正常にするという意味でも重要なのです。又、朝、日が当たりますので冬などは朝、太陽の光で部屋を温める効果もあるので電気代の節約にもなります。

二つ目はコンセントの位置です。物件を確認する時に見落としがちですがコンセントの位置で部屋の荷物を置く場所も決まってきます。私たちの生活で電気はとても重要であり、テレビ、パソコン、スマートフォン、こたつ等は電気が必要であり、コンセントの位置で配置も決まるのです。入口に近い場所にあると入口が狭く感じたり、部屋に一つしかないなどもありますので確認が必要です。三つ目は収納力のある物件なのかどうかです。

住み始めの頃は荷物を最小限にして住みますので少しも収納量で良いと思われる方もいますが、なるべくたくさんのスペースがあると良いです。収納力があるという事は狭い部屋でもスッキリと見せる事が出来るだけではなく、部屋を広く感じさせる事が出来ます。又、荷物が収納せれていますので掃除を行う場合にも掃除の時間を短縮する事にも繋がります。このように賃貸を借りるという場合には賃貸の家賃の金額も重要ですがその他にも目を向けると住みやすい賃貸に住む事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *