魅惑的な甘い香り フレーバーコーヒー

フレーバーコーヒーとは、いろいろな香りを加えたコーヒーのことです。北ヨーロッパを中心に、シナモンやリキュールなどの香りをつけて飲んでいたことが、フレーバーコーヒーの最初と考えられています。アメリカで、1980年代に、コーヒー豆が芳香を放つように、香りをつける焙煎法が生まれました。このことが、新しい飲み物として普及しはじめたきっかけだと思われます。

実際、北米のフレーバーの種類は豊富で、50種類以上あるとも言われています。人気のある代表的なフレーバーは、バニラ、ナッツ類、チョコレート、果物類、そしてスパイス類などです。日本では、フレーバーティーはかなり一般的な飲み物になっている印象ですが、フレーバーコーヒーの方はというと、まだあまり知られてはいません。このコーヒーは、甘い香りを放つのにも関わらず、砂糖やクリームなどを加えない限り、カロリーがないことも大きな魅力です。

また、コーヒーが苦手な方にも好まれやすいというメリットもあります。フレーバーコーヒーの香りのつけ方には、大きく分けて2種類あります。シロップやパウダーなどにしたフレーバーを、コーヒーを淹れた後に加える方法と、コーヒーを焙煎するときに香りをつける方法です。焙煎をするときに香りをつけた方が、コーヒー豆に均等に香りがついて、コーヒー本来の味と香りを損なうことなく、フレーバーも楽しめるとも言われています。

フレーバーコーヒーを楽しむには、このコーヒーを扱っているコーヒーショップなどで、注文するという方法があります。ぜひ淹れたてのコーヒーを味わってみてください。やみつきになるかもしれません。他にも、ネット通販などでも手に入れることが可能です。

お試しに飲んでみたい方なら、インスタントコーヒーにシナモンパウダーやココアパウダーなどを加えて飲んでいただければ、どんな感じの飲み物か、おわかりになることでしょう。コーヒーによく合う、あなただけのミックスフレーバーを見つけることも、とても楽しいことです。ぜひオリジナルのフレーバーの組み合わせを見つけてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *