ドリップより便利とされるコーヒーカプセル

コーヒーカプセルでコーヒーを淹れるコーヒーマシンが注目を集めていますが、コーヒーカプセルというのはその名の通りカプセル型の容器の中にコーヒーのもとが入っているものです。コーヒーカプセルを専用のコーヒーマシンに取り付けて、ボタンを押すだけでおいしいコーヒーができあがることから便利と話題になっています。おいしく出来上がる理由は、挽きたてのコーヒー豆をカプセル容器に真空密封しているからです。挽いたコーヒーは酸化するのが早いため、真空にすることで酸化を防ぎ、香りや味の質が落ちることを防いでいます。

ドリップコーヒーは真空ではないので、味や香りの低下がみられます。そのことから、コーヒーカプセルを活用するオフィスも増えています。コーヒーカプセルで淹れるコーヒーマシンは、無料で提供サービスが行われています。カプセルの方は費用がかかりますが、その代わりとしてマシンは無料で提供を行っています。

マシンによって機能や性能が違い、カプセル型で販売されているコーヒーの種類にも違いがみられます。カプチーノなどの泡立つタイプも作ることができる上に、カプセル式はドリップと比べて淹れた後に捨てるのも楽です。ドリップは水分を含むので捨てる時に生ごみ扱いとなりますが、カプセル型は設置してコーヒーを淹れたらカプセル内のコーヒーがなくなります。中身がなくなったカプセル型はカプセル部分だけが残るので、水分を含んでいることもなくそのまま捨てられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *