デカフェを作りだす方法とは

デカフェとは、カフェインレスコーヒーとも呼ばれるもので、カフェインを除去したコーヒーのことをさします。アメリカではデカフェの需要が高く、日本でも近年人気をあげ、消費が拡大しはじめています。アメリカではコーヒーを大量に飲む人が多く、カフェインが体に及ぼす影響を考え、摂取するカフェインを減らしたいという人が多く、デカフェの需要が高まっています。カフェインの摂取に注意したほうがいいとされている妊婦や、医師からカフェインの摂取を抑えるよう指示を受けている人からも注目を集めています。

しかしデカフェといっても、完全にすべてのカフェインを除去できるわけではないので、デカフェを購入する場合には、どれくらいのカフェインが残っているのかを確認する必要があるでしょう。コーヒー豆からカフェインを除去する方法は大きくわけて3つあります。その3つとは化学薬品を用いて抽出する方法、水で抽出する方法、超臨界状態にした二酸化炭素で抽出する方法です。化学薬品を用いてカフェインを抽出する方法は、コーヒー豆を有機溶剤に漬け込んでカフェインを溶かし出します。

この方法は有機溶剤の残留など、健康面で問題が出てくるので、法律でも食品添加物の基準が設定されています。そのため日本で主流となっている方法が、水で抽出する方法です。化学薬品の代わりに水を使用して抽出するため、安全性が高く、コストも比較的抑えられる方法です。しかしうまみ成分なども流出してしまい、風味を損なわないという点では難しいので砂糖やクリームなどで変化をつけてもよいでしょう。

オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *