デカフェでカフェインの摂り過ぎを防止

カフェインと言えばコーヒーや紅茶を代表とする様々な飲料に含まれている成分です。カフェインには様々な健康効果が認められており、アンチエイジングや利尿作用、眠気覚ましなどの脳の活性化などが代表的です。そのため朝食としてコーヒーを飲んだり、仕事の休憩時間に紅茶を飲んだりなどは理にかなっているのです。しかしいくら体によいといってもとりすぎは逆効果となってしまいます。

例えば毎日何十杯もコーヒーを飲むと、常に脳が高揚状態となってしまいます。それが不眠を招く原因になることもありますし、腎臓などの機能が低下する恐れもあります。またカフェイン摂取を制限される対象に妊婦さんがあげられます。妊婦さんが過剰にカフェインを摂取してしまうと胎児に栄養が送りにくくなってしまいます。

このようにカフェイン摂取に制限があるものの、それでもコーヒーや紅茶を楽しみたいという人のために販売されるようになったのが「デカフェ」です。デカフェとはその名の通り「カフェインをとりのぞいたもの」を指します。以前はこのデカフェ商品はコーヒーの独特の風味とは若干異なることから「味がおいしくない」などと言われることがほとんどでした。しかし今日のデカフェ商品はカフェインなしでもコーヒーの風味はなくさないよう工夫されていることにより、特に違和感もなく飲めるようになりました。

そのためコーヒーショップではこのデカフェ商品が人気を集めていますし、自宅でも飲めるよう市販の粉も売られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *