デカフェとカフェインレスとノンカフェインの関係

「カフェイン」はさまざまな飲料に含まれています。眠気を覚ます成分ということで、ガムやチョコレート、エナジードリンクなどにも含まれています。知らないうちに摂取していることも多く、気を付けたいものです。カフェイン摂取について意識し始めると、よく聞く言葉が「デカフェ」、「カフェインレス」、「ノンカフェイン」です。

「デカフェ」とは、本来カフェインが含まれている飲料、食物からカフェインを取り除いたものです。通常はカフェインを添加する飲料や食物に、カフェインを添加しなかったため、カフェインが含まれないものも指します。カフェインの除去にもいくつか方法があり、それによってカフェインの残留量が変わります。味や風味なども変わってきます。

同じような言葉で「カフェインレス」があります。こちらはカフェインが少ないもの、という意味でカフェイン含有量がゼロに限りなく近いものを指します。最後に「ノンカフェイン」です。ノンカフェインは言葉の通り、カフェインがまったく含まれていないという意味です。

デカフェとカフェインレスはほぼ同じものを指し、カフェインが少量含まれています。カフェインは体内に蓄積するため、少量のカフェインでも摂取を制限したい場合は、ノンカフェインを選択します。今では多くのコーヒーメーカーがカフェインレスやデカフェのコーヒーを販売しています。紅茶や緑茶もカフェインレスのものが販売されています。

ノンカフェインとして有名なものは、麦茶、ルイボスティー、そば茶などです。上手に選択して、カフェインの過剰摂取を防ぎましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *