デカフェがお勧めな理由とは

デカフェというのは、カフェインが取り除かれたコーヒーのことを指します。カフェインを取り除くのは、生豆の状態で処理されます。カフェインが除かれているため、中毒性も緩和されていますので、妊娠期または授乳期の女性でもコーヒーが楽しめます。コーヒーに含まれているカフェインは、色々な効果を発揮することが知られています。

代表的なものは覚醒効果で、眠気を覚ましたい時に役立ちます。また、仕事中に気分転換したり、ドライブ中にリフレッシュしたい時にコーヒーを飲むと頭が冴えます。しかし、カフェインのこうした効果が好まれない時もあります。それは、寝る前のリラックスタイムです。

コーヒーを飲むと、目が冴えて眠れなくなります。そんな時、デカフェにすれば、時間のことを気にせずにコーヒーが楽しめます。デカフェは、カフェインは取り除いていますが、ポリフェノールは残っています。つまり、カフェインは避けることができ、かつコーヒーそのものの良さが残っているという訳です。

コーヒーに含まれているクロロゲン酸をはじめとするポリフェノールは、消化液が分泌されるのを助けます。そのため、消化促進の作用が期待できます。その上、血糖値が上昇するのを抑える作用も認められており、体内で余ってしまった糖が脂肪へと変わるのを抑制します。デカフェは、コーヒーの消化促進の効果を得ながら、夜でも好きな時にコーヒーが楽しめるというメリットがあると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *