カプセルコーヒーについて

おいしいコーヒーが飲みたいという場合、カプセルコーヒーという方法があります。家庭でコーヒーを飲む方法としては、カプセルコーヒーはまだまだあまり一般的ではなく、レギュラーコーヒーかインスタントコーヒーが一般的でしょう。インスタントコーヒーは手軽でよいのですが、味や風味はどうしてもレギュラーコーヒーよりも劣ります。ですが、レギュラーコーヒーであれば十分においしいと言えるかというと、実はそうでもありません。

確かに、焙煎したコーヒー豆を買ってきてそれを家庭で挽いている人は相当に本格的なコーヒーを楽しんでいることは間違いないでしょう。ただし豆を挽くという手間がかかりますし、挽き方一つをとっても実はさほど簡単なことではありません。もしかするとその豆にあった挽き方ができていないかもしれないのです。一方で、挽いた後の粉タイプを使っている人は後はドリップするだけで簡便ではありますが、今度は風味の問題があります。

粉にしたコーヒーはその瞬間から酸化が進行します。酸化は豆であっても進行するのですが、粉のほうがはるかに表面積が大きくなりますからそれだけ進行も早くなるのです。できるだけ密封したり冷蔵庫で保管するのはそのためですが、それでも完璧ではありません。カプセルコーヒーは、ドリップするだけで済むという簡便さと、一杯分ずつカプセルに密封することで酸化を防ぎ風味を保つという両方のメリットを兼ね備えているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *