カプセルコーヒーのメリット

カプセルコーヒーとは、一言でいえばその場で一杯ずつ豆から挽いて淹れるレギュラーコーヒーのおいしさと、飲みたいときにすぐに作れるインスタントコーヒーの簡便さの両方のメリットを兼ね備えたものです。カプセルコーヒーでは、一杯分のコーヒー豆を挽いた粉がカプセルに封入されており、これを専用のマシンにセットするだけで簡単にレギュラーコーヒーが楽しめるのです。カプセルコーヒーは確かに単に豆を挽いたコーヒーの粉と内容的には同じものですが、カプセルに封入していることが大きな違いを生むのです。コーヒーを豆ではなく粉で購入している人はほぼ確実に行っているでしょうが、粉にしたコーヒーは使う都度できるだけ密封して空気に触れないようにし、また冷暗所で保管するのが常識です。

冷蔵庫や冷凍庫で保管している人もいるかもしれません。これは、コーヒーが空気中の酸素に触れることで酸化していくからです。また、光や湿気に触れることでも品質はどんどん劣化していきます。カプセルコーヒーでは一杯分ずつ密封していますから、飲む直前まで酸素や光、湿気にさらされることがなく、いつでもおいしいコーヒーを味わえるのです。

またカプセルをマシンにセットするだけという手軽さもありますし、出るゴミの量が少ないこともメリットです。さらに、カプセルにはいろいろな種類がありますから、好みに応じて数多くの種類のコーヒーを取り揃えておくという楽しみ方もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *