水回りのつまりトラブルを解消するために、市販の排水管洗浄剤を用いる手段もあります。パイプクリーナーとして販売される商品は、いずれも強力な薬剤ですから取り扱いには注意も必要です。しかし使ってみるとつまりのトラブル解消には、なかなか役に立つ優れた仕事をしてくれます。実際につまりのトラブルが発生した際に排水管洗浄剤を使う際には、排水口の部品に関しては一部ではなく全て外すようにすること、案外簡単に外せるのもこの部位です。

また薬剤を入れるタイミングにも注意得あり、水がまだ溜まったままの状態では流さないようにします。もしも水のある状態で注ぎ入れてしまうと、肝心の問題個所にまで薬液が流れ届かないことがあるからです。せっかくの強力な清浄成分も、溜まった水があるために薄くなってしまいます。薄められるということはそれだけ成分の力も、本来よりも半分くらいになってしまうという事です。

いくつもの排水管洗浄剤商品が販売をされていますが、商品により放置をする目安時間には違いがあります。各商品ごとに指定時間がありますので、記載時間を守って使用をすることも大切です。それ以上に長く放置をする方が良いイメージもありますが、長すぎると反対に汚れが取れても、今度はそれが詰まりもっとひどくさせてしまうことがあります。時には排水管洗浄剤の効果が発揮できないことがありますが、それは固形物など何か形あるものが落ちている時です。

原因が固形物ならば、溶かすではなく取り除くことで解消をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です