突然トイレの水が流れなくなるトラブルは、つまりによる原因が考えられます。そのまま水を流し続けると、便器から水が溢れ出してしまい慌ててしまう方も多いのではないでしょうか。自分でトイレつまりのトラブルに対処する場合、原因や症状に適した直し方を選ぶ必要があります。.トイレのつまりトラブルは、対処する前に、症状を見分けることが重要です。

症状は、水を流したあと水位が高くなるが徐々に下がる状態や、タンクから水が少ししか出ない、水を流した後にゴボゴボと異音がする等といった違いがあります。水を流した直後に水位が高くなるが時間が経てば水位が低くなる場合、便器の奥や排水管の途中に異物が詰まっている可能性が高いでしょう。タンクからの水流が弱い場合は、タンク内の部品に不備がないか確認が必要です。水を流した後に異音がする時は、家の外にある汚水を集める排水枡に異常がないかチェックすることをおすすめします。

.症状を監察して、トイレつまりのトラブル内容を見極めたら、原因を取り除きます。主な原因として考えられるのが、排泄時に大量に流したもの・オムツやペット砂のような水を吸って膨張する素材・水に溶けないもの・水流の弱さなどです。トイレットペーパーや排泄物が原因の場合は、放置することで自然に解消することもありますが、お湯や重曹・クエン酸などを使ってふやかして対処することができます。水を吸う異物は、放置すると状態が悪化していくので、早めに取り除くことが重要です。

水流が弱いのは、タンク内に溜まる水の量が少ないことが考えられます。部品の故障がないか確認し、必要であれば交換しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です