突然の大雨などの自然災害による雨漏りが、火災保険で補償されるのかは、多くの家の疑問点ですよね。もちろん、種類にもよりますが、基本的には、補償されません。火災保険は、雨、風、砂埃などの吹き込みや漏入による障害は対象外になっています。そのため、雨漏りは対象外にあたってします。

なぜかというと、それらの多くが、老朽化によるためだからです。つまり、損害に事故性がないため保障外の扱いになってしまうのです。しかし、例外もあります。そもそも水害は保障外の保険も散在するので、全てが全てではないですが、雨漏りが保証されるケースが存在します。

それは、築10年未満であった場合です。新築住宅の保険に加入しているので、それを利用する古都ができます。この制度は、新築から10年未満の住宅に、雨漏りなどの不具合が生じた場合、修理を行った業者に金額が払われる仕組みです。これによって、修理代は保険金から払ってもらうことが可能になります。

そこで、注意点ですが、申請が遅れると、払ってもらえない場合があるので、できるだけ修理したすぐに、修理の申請をするように気をつけて下さい。また、私財などの被害はどうなのと思われる人もいますが、こちらは保障されません。あくまでも建物に対しての保障なので、こちらは保障されないことを覚えておいてください。最後に、雨漏りへの対処は予防することが1番重要です。

自分の毎日住んでいる家を大切にケアーをしてあげましょう。水漏れつまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です