雨漏りとは家の外壁に傷が付いたりまた瓦などがずれることによって、雨や雪が降ったときにその傷や瓦のずれから水が浸入することです。雨漏りをしているのに放置してしまうと、その水が木材やコンクリートの材質を痛めてしまうので家の劣化が急激に進んでしまうので注意が必要です。雨漏りの原因が瓦のずれぐらいであれば自分で治せますが、原因が外壁の傷であった場合には早急に修復することが望ましいです。雨漏りの修理の平均価格としては軽微であれば2万円から5万円で済みますが、その状態が明らかに悪いと30万円から50万円以上になり相当な割高になってしまうことが難点です。

そこで負担を軽減したときに利用するのが保険適用です。保険適用はあらかじめ保険会社に一定料金を支払っておくことによって、自身に不都合が出来事が起きたときに負担を軽減してくれるものです。家の場合は建てたときに強制的に加入することになる火災保険ということになります。この火災保険は家が何らかの原因で火がつき半壊または全焼したときに、家がなくなることでのデメリットを無くすことが目的ですがそれ以外にも災害によっておきた場合にも保障が利くようになっています。

その条件というのは風害と水害そして雪やヒョウの害による雨漏りとなります。そのため通常の家の劣化で発生している場合には適用されないですが、この条件を満たしていれば適用されることになります。原因が家の劣化か層でないかを判断するのは自身では出来ないため、しっかりと業者に委託して検査してもらいその上で原因が風害と水害そして雪やヒョウの害だと分かれば負担軽減が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です