住宅のトラブルの中でもやっかいなのが雨漏りです。突然始まったり、台風や集中豪雨の時だけ雨水が浸みてくる、天井のシミがだんだん大きくなってきた、など症状はさまざまですが、症状が軽くても放置しておくのは危険です。放置するとクロスや家財などの屋内にも悪影響を及ぼしてしまうため、トラブルを発見したらすぐに修理にとりかかる必要があります。しかし、修理費用は100万円以上する場合もあるので、なかなか簡単に決断できるものでもありません。

しかし、原因によっては保険が適用される可能性があります。あまり知られてはいませんが、火災保険には風災害の特約が付帯していることがあります。台風や強風などの突風で屋根瓦が吹き飛んでしまったり損傷してしまった結果雨漏りが起こった場合は、風災にあたるので火災保険を利用することができます。他にも雪の重みで雨どいが壊れた場合や風で何かが飛んできて屋根の一部が壊れてしまったことで雨漏りが起こった場合も補償の対象になります。

台風が頻発する地域においては、風災が雨漏りの原因となることが多いので、保険が適用される可能性は高いです。修理費用を保険金で支払うことができればかなり助かるので、適用されるかもしれないと思った場合は、どんどん活用するようにしましょう。雨漏りの原因は素人が判断することは難しいので、専門の調査会社に依頼して判断してもらいましょう。20万円以下の工事には適用されませんが、屋根の修理で費用が20万円以下になることはほとんどないので、有効活用できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です