近年多くなってきた集中豪雨や台風などで一時的に大雨が降ると床上浸水などの災害が発生することがあります。中には雨漏りによって家屋に被害が生じる場合もあります。床上浸水などに比べると被害は小さいかもしれませんが、屋内の家財にも影響を与えてしまうので、なかなかに痛い出費となります。急な豪雨や台風によって起こった雨漏りは火災保険の対象となるのでしょうか。

火災保険は火事による被害だけではなく、落雷、風災、雪災、水災などの自然災害による被害も補償の対象となります。雨漏りはこの中で風災補償の対象となる可能性があります。故障の原因となりやすい屋根や外壁の破損は風災害によって受けたものである可能性が高いためです。風災によって屋根や外壁が破損し、集中豪雨がきっかけで雨漏りが始まってしまったという場合は、保険の適用範囲内となります。

原因が補償内容に含まれると認められれば保険金が支払われます。しかし、どんな場合でも補償されるわけではないということは知っておく必要があります。不具合の原因が建物の経年劣化や老朽化によるものの場合は、補償の対象外となります。また、たとえ風災で受けた損害であっても不具合を長期間放置しておくと風災との関係性が証明できなくなってしまい、経年劣化と判断されてしまうこともあります。

そのため、風災による雨漏りだと思ったら速やかに保険の申請を行う必要があります。また、素人が原因を判断するのは難しいので、専門の調査会社に依頼して原因を調査してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です