住宅にまつわるトラブルの中でもやっかいなのが雨漏りです。天井にしみが広がるくらいなら大したことはないと思って放置しているとクロスや家財道具にまで被害が及ぶ可能性があるので、トラブルを見つけたら早めの対策が必要です。しかし、屋根の修理は結構な費用がかさみます。少しでも損することなく修理したいなら修理費用を出す前に、その雨漏りが火災保険適用になるかどうかについて検討してみる必要があります。

火災保険というと、火事による被害の時だけに適用されるというイメージがありますが、雪災や風災による被害の場合にも適用されます。雪の重みで雨樋や屋根が損傷してしまった場合や、台風の突風によって屋根瓦が損傷を受けた場合は、保険が適用されるのです。雨漏り自体を火災保険が補償してくれるわけではありませんが、その原因が台風であったり雪であったりした場合は、補償の適用範囲となります。意外と様々なところで適用されるのですが、あまり知られていないがために、利用されていないケースが多くあります。

雨漏りの原因が風災や雪災によるものの可能性がある場合は、専門の調査会社に依頼して原因を診断してもらうようにしましょう。雨漏りの修理費用が保険金で賄える可能性を知らずにすでに修理をしてしまった場合でも2年以内であれば遡って申請することができます。すでに出した修理費用が戻ってくる可能性もあるので、少しでも風災や雪災による損傷が考えられる場合は、積極的に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です