雨が降って天井から水がしたたり落ちてきたら、どうしますか。まずは、水の被害を最小限に抑えるために洗面器や雑巾で対処すると思いますが、雨がやんだ時に、すぐに修理をすることがとても大切です。雨がやんで、雨漏りがおさまると修理をしようと思っていたのについ後回しにして、結果的に放置してしまう人がいますが、天井から水がしたたり落ちてきたときは、すでに屋根裏や天井裏には大量の水が入り込んでいることが多いため、建材が劣化したり、かびが生えたりしている可能性が高いので、すぐに修理をすることが必要です。放置しておくと屋根裏や天井裏だけでなく、壁の内側や床下にまで水の被害が及んで、壁や床をはがしての大規模な修理や建て替えが必要になってしまうこともあり、多額の費用が掛かることになってしまうのです。

雨漏りがした時に、火災保険の風災が含まれているプランの場合、保険で修理費用が補償される場合があります。保険が適用になるのは、風の影響で屋根が壊れた場合に限定されますが、台風や強風の時に雨漏りがした場合には、保険が適用になる可能性があるため、すぐに保険会社に連絡をしてみることをおすすめします。風災による雨漏りの被害は、修理費用がかさむことが多いため、補償されると大変助かります。補償されることを知らないで申請をしないと補償を受けることができないので、まだ雨漏りをしていないという家の場合でも覚えておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です