一口に家の水回りのといっても、建物内の設備だけではありません。庭の散水栓や駐車スペースの水栓柱、あるいは排水管や排水マスなど、屋外にも様々な上下水の設備があります。この点、屋外の水設備で共通しているのは、風雨や直射日光さらに寒暖差や汚泥など、外部環境に常にさらされていることです。つまりそれだけ、水のトラブルに遭遇する確率が高いと言えます。

例えば水栓柱の蛇口が泥詰まりで水が出にくくなったり、サビや凍結による金属部分の劣化で、水漏れを起こすといったことは珍しくありません。これは散水栓でも同じこと。地面に埋まっているので、泥詰まりやサビによる劣化が進みやすく、何かとトラブルが発生します。蛇口のパッキンの不良であれば交換する必要がありますし、水栓柱や散水栓自体が破損しているのであれば、本体そのものを交換しなければなりません。

屋外の水トラブルは、排水管や排水マスでも頻繁に起こります。例えば排水口のマンホールから逆流して、水漏れするケースもその1つ。この原因はキッチンの廃油や食材カスをはじめ、浴室から流れてきた髪の毛や石鹸カス、あるいは枯れ葉や土砂などが、排水管や排水マスに堆積したこと。それが詰まりを起こして排水できなくなり、汚水が逆流してマンホールから漏れ出すのです。

こうならないように、排水管や排水マスは定期的にチェックし、よく清掃することが大事です。ただし詰まりや漏れの症状が酷い場合には、無理せずに地域の水道修理会社へ依頼をおすすめします。屋外の水回りの工事は、大がかりになる傾向があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です