トイレなどの使用頻度が多い場所の水漏れは、発生個所を特定することも難しくありません。もちろん業者に依頼することが先決ですが、それまでの間に応急修理をしなければいけません。まずはトイレの水漏れを止めるために止水栓を閉めましょう。止水栓でも水が止まらない場合は元栓を閉めて水を遮断します。

排水管から水漏れが発生している場合は放置していると悪臭が漂ってきます。そのような時は補修テープで応急修理をしましょう。補修テープでの応急修理は一時的な処置ですので、すぐに業者を呼んで完全な修理をするようにして下さい。水漏れの発生を見極めるには水道メーターをチェックするのが簡単です。

水道を全く使っていない状態にも拘わらずメーターが回転していれば、どこかで水が漏れているということになります。水道メーターが目に見えて速く回転している時は、壁や床の配管から漏れている可能性があります。トイレの水漏れ修理を依頼するときは、良質な業者を選びたいものです。ほとんどの業者は無料見積もりに対応していますので、複数の業者から見積もりを取ることで良い業者を選ぶことができます。

見積もりが細かいことや、良い口コミが多いほど良質な業者だと言えます。しかしながらトラブルが発生してから急いで業者を選ぶことは難しいので、日頃からトラブルを想定しておき、頼りになる業者を絞っておくのが良いでしょう。もし分かりにくい時は水道局指定工事店に依頼しましょう。排水管つまりのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です